鼻下のムダ毛が気になって、自分で処理している人が多いですが、自己処理していると一生処理し続けなければいけませんので、別の方法を考えることが大切です。

処理すればするだけ、その分鼻下の皮膚にはダメージが積み重なっているからです。

皮膚が弱い人は、それが影響して色素沈着が残ることもありますし、そうなれば簡単には改善しなくなってしまいます。脱毛を利用すれば、鼻下の毛が濃いという悩みを解消することができます。

毛周期で通う期間はかわってくる

ムダ毛には毛周期というものが存在しており、成長期の毛のみ脱毛が作用するため、変え変わってきたらその都度施術する必要はありますが、自己処理と違って徐々に毛が薄くなっていってくれます。

そんな鼻下の脱毛の期間ですが、だいたい2~3ヶ月に1回の施術をすることになりますから、サロンの場合は2~3年ほど通い続けなければなりません。クリニックなら、サロンの脱毛器よりも出力が高いですから、半年~1年半程度しかかかりません。

とはいえ、鼻下のムダ毛が伸びてくる周期には個人差がありますし、どれくらいで満足するかにも違いがあります。クリニックの半年というのは、3回で満足したという人の結果です。

この点から考えても自分に必要な期間を知るには、毛の状態を見てもらうほか、実際に脱毛を受けて様子を見ながら判断するのがよい選択だと言えるのです。

アトピーの人がミュゼを利用する理由

アトピーの人はムダ毛のお手入れが非常に大変です。何もない時でも皮膚が酷く乾燥したり、痒みが現れたりしますので、脱毛の施術となると躊躇してしまう人も多いようです。

そんなアトピーの人達に選ばれるのがミュゼの施術であり、状態が良ければ受けることができます。

ステロイドや飲み薬を使用している場合は注意が必要

ただし、安定した状態であっても、通院している病院の医師の確認が必要になります。

細かな注意事項としては、脱毛したい箇所でステロイドを使っている場合には、使用を止めてから2週間は空ける必要があるようです。

飲み薬の場合にはもう少し時間を空けなければならず、1カ月程度が必要となります。その期間が過ぎたらどのような状態でもOKということではありませんので、最終的には来店した際に相談することになります。

ミュゼの脱毛は肌に優しいことで定評がありますが、合うか合わないかは実際に受けてみないと分かりません。

まずは悩みを相談してお試し照射を受けてみましょう

まずはお試し照射を受けてみる必要がありますので、その際に肌の悩みなどもきちんと伝えておくようにしましょう。ミュゼの施術では脱毛したい箇所にジェルを塗っていき、そこに特殊な光を照射する方法となっています。

肌が荒れていれば照射を行うことができませんので、アトピーの症状が治まってから受けることが大切です。

脱毛の施術は症状の悪化には関係しないとは言われていますが、刺激に弱くなっている状態ですので照射の負担に耐え切れずに症状が悪化してしまうようなことは起こり得ます。

当サイトにて、ミュゼ以外にも敏感肌の方に優しい脱毛サロンを集めてランキングしているので、脱毛するなら載っているサロンにするべきでしょう。

全然痛くない!お肌に優しい鼻下脱毛サロンランキングはここから

脱毛と予防接種の注射

脱毛を受けるときには、予防接種の注射にも気をつける必要があります。エステサロンやクリニックでは、安全にお手入れができるように、注意事項を設けています。

体調が万全な状態でこそ、最高の結果を得ることができますので、患者さんやお客さんの体調が第一です。

脱毛の施術を受ける前後10日は予防接種を受けてはいけません

脱毛の施術を受ける前後の10日は、予防接種の注射はしないことも、気をつけることの一つになります。体質の違いもありますが、予防接種をすることで、体調を乱すことがあるためです。

冬のシーズンになれば、インフルエンザの予防接種をすることも多くなりますが、ワクチンとしてウイルスを注射しますので、いつもの健康なときとは少し違います。

予防接種を受けた後は体の中に変化が生じるため

冬になるとインフルエンザ対策として、予防接種を受けることがありますが、そのあとにだるさや微熱を感じることはよくあることです。

それらは予防接種での、体に感じる軽い副作用でもあります。全く副作用を感じないで、いつもどおりに元気に生活をする人もあります。

それでも予防接種を受けたということは、インフルエンザに対しての、抗体を構築する期間でもあります。体の中では変化があるわけですし、それが体調や肌に対しても、多少なりとも影響をしないとは限りません。

内側でのこととは言え、その時に施術を受けると、体調をさらに乱したり、肌にトラブルを起こすことも考えられます。こうした背景もあって、脱毛前後の10日程の期間は、脱毛は受けることはできない期間です。

てんかんを患っていると脱毛ができない?

脱毛を効率的に行いたいという時に利用するのが、専門サロンでの処理です。しかし、ある持病を抱えていると、施術自体を断られる可能性があります。その持病の一つがてんかんです。では、なぜてんかんを持っていると脱毛施術を受けられないのでしょうか。

サロンには専門の医師がいないので受けられない可能性がある

専門サロンでの施術によく使用されるのが光脱毛です。この時、カメラのフラッシュのような光を浴びることになりますが、てんかんを抱えているとそのフラッシュにより発作を起こしてしまう可能性があります。

しかし、サロンには医師がいるわけではないので、いざという時に対応することができません。そのため、施術を断られるのです。では、光処理でないレーザーやニードルの場合はどうなのでしょうか。

このような施術は医師のいる医療クリニックで行うので、症状によっては受けられる場合もあります。しかし、光に反応することに抗てんかん薬を服用している場合はレーザーでも反応してしまう場合があるため、断られる可能性もあります。

持病や服用中の薬があれば必ず説明をしましょう

「難治性」と診断を受けている場合も施術中に発作を起こす可能性があるため、施術を受けることができません。このような理由から持病を患っていると施術を受けられない可能性があるのです。

しかし、医療クリニックの場合は症状によっては受けられる場合もあります。そのため、気になるようであれば一度相談してみることをおすすめします。その際は持病の診断名や服用している薬についてもきちんと説明をしておく必要があります。